xpro

気になるニュース/動画を主に紹介。

スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- ] | 人気ブログランキングへ | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【お得】 知らないと損をする郵便の上手な使い方 はてなブックマーク - 【お得】 知らないと損をする郵便の上手な使い方

nihon_yubin.jpg

某情報サイトに良い情報があったので、メモ。
オークション等、使用している方は必見。
長いので、続きから読んでください。




オークション等で、個人売買が流行しています。
商品を送る時、定型外郵便だけでは心許ありません。そこで、今回は定
形外郵便を使って、代金引換で商品を安く送る方法を紹介します。

定形外郵便 + 代金引換料250円 + 通常払込み料金70円(自分の口座に
払込みの場合で1万円まで)
たとえば、総重量が250gまでの重さで、5,000円の商品を送る場合、定形
外郵便240円 + 代金引換料250円 + 通常払込み料金70円 = 560円で送
ることが出来ます。
定形外郵便240円 + 簡易書留350円 = 590円なので、書留よりも安く送
ることが出来ます。

これは小物には有効ですが、重い物は宅配便の代金引き替えの方が安く
なる場合もあります。

http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/daibiki/

また、書籍、雑誌、カタログ、カレンダー、CD、DVD、ビデオテープ、カ
セットテープなどは冊子小包郵便物になって、郵便代金もお得です。
冊子小包郵便は+20円にて郵便代金着払いが可能です。局員の集金です
から、ポスト投函ではなく安心です。

テレホンカード1枚程度で、普通郵便でも良い場合は、郵便書簡(ミニレ
ター)60円という方法もあります。
郵便代金というものは、重さによって変わり、サービスによって保証も
まちまちです。用途に合わせて、良く確認して送りましょう。

1)切手の使用
着払いの出来る郵便物(ゆうパック、冊子小包等)は、現金に代えて、
着払い手数料20円も含めて、切手での支払いが可能です。
そこで、未使用切手は、オークションで額面93%程度で売っていますか
ら、頻繁に使う方はこれを利用することで、送料をさらに安くすること
が出来ます。
郵便代金引換料250円も切手で可能です。50円と80円切手があれば、たい
ていの料金がまかなえます。


(2)冊子小包の代用
ビデオテープが冊子として認められていますから、テープケースに入る
ものは全てケースに入れて冊子小包として送ります。同じ重量帯であれ
ば、100円程安くなります。定形外郵便は着払いが出来ませんが、冊子小
包だと着払いが出来るメリットもあります。
注意として、宛名面に「冊子小包」と表示しないと定形外として扱われ
ます。
また、原則「窓開け」で中身が見えることが要件ですが、うるさく言っ
てくるかどうかは局員次第です。ポストに入れてしまえば「窓開け」の
不備だけで戻してくるほど郵便局もヒマではないようです。


(3)局留め
最寄りの局を指定すれば、全郵便物を局留めにすることが出来ます。
普通郵便は、郵便受けに入れっぱなしになりますが、局留であれば、盗
難などの恐れがなくなりますし、家族に見られたくない品などにも有効
です。(1)の着払いの切手払いも局留で窓口払いが可能です。
ただし、受け取りには身分証明書の提示と、印鑑(またはサイン)が必
要なこと、保管期限は10日間で期限が過ぎると送り主に返されること、
到着および返却には連絡が一切無いこと(たとえ電話番号が書いてあって
も)などが注意点です。


(4)その他
定形外郵便と混同されているせいか、冊子小包が着払い可能であること
は意外と一般に知られておりません。その為、送り主に冊子着払いを指
定したときに必ずといっていいほど断られます。
面倒なので、あらかじめ「冊子小包は小包なので着払い可能」な旨を説
明しておきましょう。メール1往復のムダ時間が省けます。

http://www.post.japanpost.jp/fee/how_to_pay/uke_cyaku/


ToLOVEる 金色の闇 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
ToLOVEる 金色の闇 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2010/01/21 ] | 人気ブログランキングへ | xpro | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。